2012年3月3日土曜日

子供とTVゲーム どう付き合うか?


幼い子供を持つ親にとって、

・どのようにコンピュータゲームと付き合うか
・子供にゲーム機を買い与えるのか
・子供に与える場合、その時期はいつか

など、頭を悩ませる課題が多いと思います。

日本には有名なコンピュータゲームメーカーがあってテレビでCMが頻繁に流れますし、子供の欲求を過度に刺激する環境にあると言えるでしょう。
なし崩し的に「子供にはゲーム機を与えるのが当たり前」という風潮になってしまうのも、仕方がないような気もします。

でも、待って下さい!まだお子さんにゲーム機を買い与えていないご家庭のみなさん!!我が家では、

「子供にゲーム機を買い与えていなくてよかった」

と心から実感していますので、ちょっとした体験談をご紹介します。



といっても、そんな大それた話ではありません。やっぱり我が子もそうしたゲームに興味を持っています。そこで子供の関心、好奇心を別の方向で上手く生かしてあげればよいのです。

我が家ではベネッセの教育教材「チャレンジ」を子供に取り組ませています。そこに学習補助教材として携帯ゲーム風「遊ぶように学べる道具」が付録として付いてくることがあります。

例えば、
「ひらがな かたかな かきじゅんマシーン」
とか、

「漢字すらっとマシーン」
とか、

「九九バトルマシーン」
とか、

です。

我が家の場合、子供のこうした学習教材への食いつきがとても強いのです。その結果、これらの補助教材に熱心に取り組むことで大きな学習効果が上がっているように感じています。これはDS等のゲーム機を与えていなかった効果に違いありません。

もしこれが、DS等のゲームで遊びまくりの子供だったらどうでしょう?生粋のゲーム機と、ゲーム機風の学習教材。それは前者の方が面白いに決まっています。子供の関心も、純粋なゲームの方に向いてしまうでしょう。

そうなれば必然的に、
学習教材に取り組む時間が少なくなる

学習効果が上がらない

親が苦言を言う

TVゲーム禁止

子供機嫌損ねる

親子のいがみ合いが多くなる
と、何も良いことはありません。

こうした事態を避ける簡単かつ、たった一つの方法、「子供にゲーム機を買い与えない」。まだ間に合うご家庭でもぜひ実践してみて欲しいと思います。




スポンサードリンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...