2012年4月9日月曜日

女性が元気な街 守谷市です

茨城県守谷市は数年前に開通したつくばエクスプレスのお陰で、人口が順調に増加しています。それに伴って街が変化し、発展しており、市全体として「勢いがある」状況だと思います。
東京電力が起こした「放射能汚染問題」には水をさされた感じもありますが、多くの市民は平静を取り戻しています。
そんな守谷市で、市の勢いを象徴する話題、

「守谷の子供たちは頑張っている。特に女性が元気!」

というニュースがありましたので、ご紹介します。


まず、茨城県立守谷高校の女子剣道部。この分野では全国有数の強豪校で、昨年度(H23年度)のインターハイでは団体戦優勝、個人戦優勝の2冠を達成。特に個人戦の優勝は茨城県勢として初の快挙だったそうです。
その他、全国大会への出場、好成績はいちいち取り上げるのが億劫になるほど実績があります。


守谷高校の女子剣道部は、上記の実績などが評価され「第15回読売茨城スポーツ大賞」を受賞しました。


次は守谷市立けやき台中学校の女子ハンドボール部。先月(2012年3月)末に開催されていた「春の全国中学生ハンドボール大会」で見事全国優勝を飾りました!


決勝戦は延長線にもつれこむ好勝負だったようで、その結果としての優勝ですから、さぞ盛り上がったことでしょう。


3番目は我が子も通っている守谷市立松ケ丘小学校のミニバスチーム女子。昨年1月に行われた全国ミニバスケットボール大会「茨城県予選」で優勝! 「東日本大震災被災地復興支援」と銘打った「第43回全国ミニバスケットボール大会」に出場しました。


全国大会でもブロック予選は2連勝で勝ち上がりましたが、決勝トーナメント1回戦で惜しくも1ゴール差で敗退。残念でした。

ちなみに、このミニバス全国大会はベスト4が決まった時点で終了する規定だったようです。このベスト4を決める一戦を「ブロック決勝」と呼んでいたようですが、これがネット上では単に「決勝戦」と認識されていた模様で、

「地元のチームが決勝戦に進みました!」 
「見事に全国優勝しました!」 
「残念ながら負けましたが、全国2位なら立派です!」

といった勘違い情報が多く見られましたw


さて、守谷市に戻りますが、こうして見ると女子、女性ばかりが活躍しているようで、「守谷の男はどうした!?」という感もあります。まぁ、さがせばそれなりに全国レベルで活躍している実績は見つかるのだと思いますが、最近の社会的な傾向として、コミュニティが局所化しているためか、そうした情報がなかなか手元に届かない状況にあります。

ともかく、それぞれの分野での優勝おめでとう!

スポンサードリンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...