2012年11月21日水曜日

囲碁入門開催しました! 松ケ丘まつり(2012年度)

秋はイベントのシーズンですね。11月3日には小学校の文化祭に相当する「松ケ丘まつり」がありました。これは11月が「いばらき教育月間」に位置づけられていることに対応して、小学校で11月に実施する様々なイベントの中で最大のものです。

例年、午前中は児童が学年ごとに分かれて合唱などの発表を行い、午後はPTAを中心とする保護者が様々なブース(物品販売や展示など)を出展します。


私個人としては、一昨年は、ほぼ個人の立場でドイツゲームの紹介&体験を実施しました。昨年は「おやじの会」主催として、ドイツゲームの体験会を実施。2回とも「ドイツゲーム」がテーマだったわけです。ちなみに、このときの様子については、別途ウェブに情報を載せていますので、そちらをご参照下さい。

おやじの会主催「ドイツゲームで遊ぼう」

そして今年度の活動ですが、
「ドイツゲームを子供たちの当たり前の遊びとして普及させたい」
という思いは消えてないものの、今はもっと強く関心を持っているテーマがあります。そう、『囲碁』です。


子供が囲碁教室に通い始めたのは、このブログにも書きましたが、子供同士で囲碁を打てる環境が手に入ると、次の目標が視野に入ってきます。それは、小学校の仲間で囲碁大会の団体戦に出場することです。

子供の囲碁大会は、「文部科学大臣杯少年少女囲碁大会」が毎年行われています。こうした情報は「知る人ぞ知る」ですが、実は普通にウェブで情報公開されています。例えば、こちらに。

囲碁は個人競技が基本なのですが、『ヒカルの碁』を読めば分かるとおり、団体戦も面白いのです!せっかく囲碁に取り組む環境に出あえたのですが、囲碁仲間が守谷市ではなく、つくば市在住ばかりでは寂しいではありませんか。地元の、同じ小学校に囲碁仲間がいて、一緒に切磋琢磨しながら大会団体戦での好成績を目指す。これぞ、青春ではないかwww

じゃぁ、その囲碁仲間を発掘しようではないか!新たに開拓してもいいではないか!ということで、今年度の松ケ丘まつりでは「囲碁体験」を実施することにしました。ちなみに、個人活動です。こんな物好き、全PTA会員の中で私一人ですw

囲碁のルール説明用に作ったポスター

当日の様子は写真の通りです。事前に、PTAブース一覧として会場の案内図、出展の内容を書いた資料を全家庭に配布してありました。そこに囲碁入門を実施することも書いてありますので、「囲碁」というキーワードに反応する子供、保護者は必ず顔を出してくれるはず。そう期待していました。そして、その期待通りに、顔を出してくれたと思うのですが、やはり人数は少なかったですね。子供で「囲碁を知ってる、打てる」と答えてくれたのは数名。囲碁教室を探している保護者が1組だけでした。

準備を終えた会場の様子

会場に来てくれた子供たち

囲碁教室はうちの子も通っているつくばの「子供自遊囲碁教室」を紹介しましたが、「つくば、遠いな」との正直な反応でした。

というわけで、子供の囲碁仲間、まだいません。次の打ち手を考えないと。

スポンサードリンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...