2012年11月29日木曜日

親子で豆腐作り PTA学年活動(2012年度)

子供の通う小学校では、「PTA学年活動」と称して、年に1回、授業の一環として親子参加のイベントがあります。今年度は「親子で豆腐作り」です。我が家は共働きのため、この手のイベントへ参加するためのスケジュール調整がそれなりに大変なのですが、何とか都合をつけることができました。この手の活動については、一般に公開されている情報がごく少ないため、概要をご紹介します。

今回、イベントに参加するのは父親たる私です。そして、覚悟していましたが、父親の参加は私一人でした!しかし、私は「おやじの会」の活動などで子供たちにもお母さん方にも顔が売れていることもあり、特に苦になりませんでした。

豆腐作りですが、準備はクラスの学年委員を担当しているお母さんが既に済ませてくれています。材料の大豆は前の晩から水につけておく必要があり、かなりの量ですので、これだけの準備でも相当な手間だったろうと思います。

準備が整えられた家庭科室




お母さん方、続々


豆腐の作り方は意外に簡単です。大豆をミキサーにかけて、絞って豆乳にします。それを熱して、一定の温度になったらニガリを加え、しばらく置くと出来上がり。ポイントは加える水やニガリの分量で、これを間違えると上手くできないのだと思います。

豆腐作りの様子

一番微妙なのはニガリの量です。豆乳の量の1%に相当するニガリを入れるのですが、一緒に参加したお母さんは、この微妙な匙加減を決めるのを尻込みしたため、私がエイヤッ!で量を決めました。たぶん、足りないよりも多い方が害が少ないだろうと考え、ほんの気持ちだけ多めに入れましたw あとは固まるのを待つばかり。

うまく固まったかな?

出来ました!

醤油をかけて いただきます!


小学校の授業の2コマ分を使った豆腐作りでしたが、時間ピッタリというべきか時間ギリギリというべきか。ともかく、あっという間の学年活動でした。うまく豆腐が出来上がってよかったです。さて、来年度は、どんな活動をやるのでしょうか。

スポンサードリンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...