2013年1月16日水曜日

笑い事ではないw 新年の大雪騒動

2013年1月14日、関東地方で思わぬ大雪が降りました。冬の降雪が当たり前の地域の方からすればお笑い種だと思いますが、備えがない地域の人は大変なんですw 我が家の近所でもこの通り。

守谷市「ふれあい道路」の様子
どこの雪国ですか!?

ちょっとした坂道でも身動き取れなくなった車が何台も!ここは守谷市内で有名な大規模ホームセンターの近所ですが、そこでタイヤチェーンを購入し、降りしきる雪の中、車に取り付けているドライバーもいました。想定を上回る大雪の影響、大変です。
この日は風も強く、大粒の雪が舞う様子は吹雪のよう。こちらも守谷市内の有名店、ドイツソーセージを扱っているお店ですが、ご覧の通りです。

倒れた看板 雪に埋もれそう

聞くところによると、守谷市内で最大のショッピングセンター「ロックシティ」では、駐車場から外に出るだけど2時間も掛かったとか。周辺の道路が大混雑ですし、駐車場内の混乱もひどかったのでしょう。こんな日に車で出かけちゃいけませんね。

一方で、雪が珍しい子供は大はしゃぎ!うちの子も「パパ、雪合戦やろう!雪合戦やろう!!」と盛り上がってましたが、雪がザンザカ降り続く中でやるわけないでしょw はやる子供を適当になだめつつも、少し小降りになったタイミングで庭に出て雪だるまを作りました。

雪だるま こんな感じ

手には使い捨てのビニール手袋をして、さらにその上に普通の手袋を着けました。冷たい水がしみてこないので、これはなかなか良いアイディア。

さて、これほどの雪が降ると後始末が大変です。昨シーズンの苦い体験もあるので、翌日、子供が通う小学校に行ってみました。ご覧の通り、10cm弱の雪が積もっています。ここはわが子もお世話になっている小学校の学童保育(守谷市では「児童クラブ」と呼ぶ)のクラブ室に通じる通路です。学童保育を利用している児童や保護者は毎日ここを通ります。右手の高い建物は校舎。中央の一番奥が学童保育のクラブ室。左手の建物は小学校の園芸倉庫です。

小学校の様子
(学童保育室へ通じている)

昨シーズン、今回のような雪が降った際、この通路が凍結してしまい、通行時に危険な思いをしました。それだけなら「慣れない雪は大変だね」で済む話だったのですが、少し残念なと言うか、怒りを抑えねばならない事態が並行して起こっていたのです。

と言うのは、上記写真の通路の一部、左手の園芸倉庫までの部分だけは雪かきがしてあったのです!幅にして30cm~40cmほどで、人が1人通れる程度。通路の最も左よりの部分がぴったり園芸倉庫の位置まで雪かきされていました。当然、小学校の関係者が行ったのでしょう。そして、それ以外の部分は放置!放置された雪は1日、2日で凍結して歩行すら危険な状態になってしまっていました。

わが子を学童保育に迎えに行く際、凍結してツルツルの路面に悪戦苦闘しながら、その状況を見た私は
「ここまで露骨に差別するのか!」
と怒りが湧き上がりました。

ご存知の方も多いと思いますが、小学校は文科省配下、学童保育は厚労省配下で両者は建前上も名目的にも無関係です。小学校の先生は学童保育の存在には「気づかぬふり」で、ほとんど何の配慮しません。(少なくとも私が付き合ってきた先生は) 雪かきの際にも、その慣習によって
「ここから先は学童保育の関係者が利用するだけだから、小学校とは無関係」
と放置したのでしょう。

しかし、小学校に通っている児童が通る通路であることに変わりはなく、低学年の子供が変な転び方をすれば怪我の危険もあるわけです。数人の人手で、凍りつく前に雪かきすれば大した負荷もなく済むはずなのに、敢えて放置とは! 小学校のやり方、とても残念に思いました。
このときは平日だったため、土曜日になるのを待って雪かきならぬ「氷かき」をしに行きましたが、ガチガチに固まった氷を砕きながらの作業は大変でした。

なので、今回は積雪の翌日に早速雪かきに行ってきました。幸いにして雪は適度な固まり具合でサクサク取り除けますし、作業後30分ほどすると、学童保育のマネージャ達が通勤してきて作業を手伝ってくれたため、1時間半ほどで雪かきを完了することができました。

雪かき後 クラブ室まで開通!

これで安心して通ることができるでしょう。ここで力を使ったお陰で、自宅周辺の雪かきがおざなりになってしまいましたが、まぁ、よしとしましょう。

スポンサードリンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...