2013年2月19日火曜日

子ども会「6年生を送る会」H24年度


1年間の任期で務めている地元子ども会の役員ですが、いよいよ活動も大詰めとなりました。小学校卒業を間近に控えた6年生をお祝いする「6年生を送る会」です。この手のイベントは地域によって、また子ども会によって内容は様々だと思いますが、活動の一例としてご紹介したいと思います。

まず開催時期ですが、こちらの子ども会では2月の中旬に行うのが通例です。3月に入ると早々に、守谷市から子ども会の新役員に召集が掛かるため、旧体制最後のイベントとして2月に実施します。3月になれば小学校での卒業式に向けた動きも本格化するため、その前に子ども会行事は終わらせておくという意味もあります。

「6年生を送る会」の開催場所ですが、守谷市民ならおなじみ、守谷の一等地「ジョイフル本田」前にあるこちらのお寿司屋さんをいつも利用させてもらっています。今回は子供達と役員の大人を合わせて約40名という大所帯。しかも、子供はかなり賑やかに騒ぎますので、受け入れ可能なお店はそれほど候補が多くないと思われます。


お寿司屋さん

その点、このお寿司屋さんは店長さんのお子さんが小学生だということもあって、何かと配慮していただけるので、少々子供達が騒いでも大丈夫です。この会を実施したときも、笑顔で「みんな元気ですね~」くらいの挨拶で済ませてくれました。ありがとうございます。

注文した料理はちらし寿司をメインに、お吸い物、から揚げとポテトの盛り合わせ、デザートといった組み合わせ。お刺身が苦手な子供にはうどんも選択できるようにしました。


ちらし寿司
(さわびを付けた後で慌てて撮影w)

当日の進行ですが、
12:00 開会
12:15 食事開始
13:00 お楽しみイベント(ビンゴ)
13:25 6年生へのプレゼント贈呈
13:35 参加した子供達へお菓子のお土産
13:55 片付け
14:00 解散
という段取りでした。

当日の進行が、上記の計画通りに行ったか?と自己評価すると、ぎりぎり60点という感じだったと思います。私は当日、役員として司会進行役を担当したのですが、この会の制御は本当に大変でした。


3年生、4年生などのいわゆる「ギャングエイジ」はテーブルを囲んで独自に大騒ぎ。いくら注意してもほぼ制御不能。一方で、5年生くらいになると素直さが失われてきて、大人の言うことを聞きません。6年生へ記念品を手渡すプレゼンターは5年生にやってもらったのですが、グズグズしていて誰が対応するのか決まらず苦笑。

他には、会場に携帯ゲーム機を持ち込んでいる子供にも手を焼きました。これは全く想定外だったのですが、各家庭の方針で子供に任せているのでしょうか?ゲーム機を持ち込んでいる子は、会場入りしてからずーーーーとゲームに夢中です。6年生を送る会が始まって、「もうゲームは止めてね」とお願いしても、食事の準備に少し時間が掛かると分かれば、すぐゲーム。食べ終わって少し時間が空いてればゲーム。人の話に興味が持てなければゲーム。ゲーム、ゲームです。

1人が携帯ゲームで遊んでいると、その左右の子の注意がそらされます。今回出席した子供達は約30人で、そのうちゲーム機を持ち込んでいたのは6人ほどだったでしょうか。その6人が左右の子供を巻き込むと、全体の半数超がゲームに気を取られているという状況です。ゲーム機の害悪ぶり、痛感しました。次年度以降は「ゲーム機持込禁止」を通達する必要がありそうです。

このブログでは「子供とTVゲーム どう付き合うか?」でも取り上げていますが、子供に携帯ゲーム機を買い与えるデメリットの大きさは目に余ると思います。

さて、食後のお楽しみイベントはビンゴでした。これも一喜一憂する子供達で大騒ぎでしたが、何とかこなして、会も無事に終了。最後に6年生に一人ずつ挨拶してもらいましたが、さすがは最上級生、しっかりした話しぶりでしたね。中学校に行っても元気に過ごして欲しいと思います。

これにて子ども会の年度行事は終了。あとは新役員へ引き継ぐだけです。お疲れ様でした!

スポンサードリンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...