2013年4月6日土曜日

芝・増上寺 徳川家霊廟 将軍墓所特別公開

徳川将軍家の菩提寺として有名な東京・芝の増上寺で「徳川家霊廟 将軍墓所特別公開」が開催されていました。歴史好きにとっては興味深い内容ですので、紹介したいと思います。
開催期間は2013年4月4日~4月8日。短い期間ですが、まだ開催期間中です。お近くの方はお急ぎを。


徳川家の霊廟は、増上寺境内の「子供供養地蔵」がある通路の先にあります。ここのお地蔵さまもものすごい数で一見の価値がありますよ。


霊廟の入り口。珍しいので、何人もの見物客が写真撮影していました。普段、ここの扉は固く閉ざされているそうですが、特別公開期間中は自由に出入り可能です。拝見料金も不要ですので、気楽にのぞいてみていいと思います。


まず有名どころ。2代将軍・秀忠と、その正室・お江の方の宝塔です。NHK大河ドラマ『江〜姫たちの戦国〜』で有名になりましたね。わざわざ「江」の名前が記載されているのは、当然、ドラマを意識してだと思われます。


こちらは14代将軍・家茂の宝塔。幕末の混乱の中、将軍の地位にあって苦難の人生を歩んだ人ですね。勝海舟が見出されて勤仕したのが、この家茂で、最後の将軍・慶喜と比較して、海舟はこの家茂のことを大変褒めています。


こちらは静寛院宮(和宮)の宝塔です。幕末の混乱の最中、幕府体制強化のために「公武合体」が画策され、その実現手段のために家茂の正室として降嫁した悲劇の皇妹です。家茂の宝塔とは別になっている点に注目。


手前が静寛院宮(和宮)の宝塔、奥が家茂の宝塔です。2つの宝塔はこのような感じで並んでいます。


こちらは6代将軍・家宣の宝塔。ご存知「犬将軍」綱吉の後を受けて将軍となった人物。綱吉が「維持せよ」と遺言した生類憐みの令を即時に廃止した手腕は英邁な資質を感じさせる将軍だと思います。

他にも、あまり有名どころではない将軍の宝塔もあります。ご興味のある方はぜひ見学してみてください。


スポンサードリンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...